Seam Carving GUI

Seam Carving GUI 1.11

写真から被写体を消去・移動! 背景のみを縮小できるリサイズソフト

Seam Carving GUIは、「シームカービング」と呼ばれる技術で画像をリサイズするソフトウェアです。画像内の指定した範囲を残し、その周辺だけサイズを変更することができます。パノラマ写真のように広い景色の中心に人物が写っている場合に人物のサイズはそのままに、景色だけを縮小した画像を作成することができます。リサイズだけでなく、削除もできるため、うっかり撮ってしまった余計な被写体を写真から消去することもできます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 画像の任意の部分だけサイズの変更ができる
  • 指定した部分を塗りつぶせば、消去することもできる

反対票

  • 思ったように調整出来るようになるまでには、時間がかかる
  • 画面やメニューが英語表記である

5

Seam Carving GUIは、「シームカービング」と呼ばれる技術で画像をリサイズするソフトウェアです。画像内の指定した範囲を残し、その周辺だけサイズを変更することができます。パノラマ写真のように広い景色の中心に人物が写っている場合に人物のサイズはそのままに、景色だけを縮小した画像を作成することができます。リサイズだけでなく、削除もできるため、うっかり撮ってしまった余計な被写体を写真から消去することもできます。

通常は画像の縦横比を変更してリサイズすると、被写体もその比率に応じてリサイズされてしまいます。シームカービング技術を使用すると、画像の色情報を解析して、不要な部分だけを間引いてサイズ変更を行うことができます。Seam Craving GUIの画面は画像を表示するウィンドウと、リサイズ条件を設定するパネル部分で構成されています。操作自体はとても簡単で、「維持したいエリア」または「削除したいエリア」を指定したら、出力するサイズを数値で入力するだけです。

維持/削除したいエリアの指定はマウスドラッグのフリーハンドで行います。例えば、2人の人物が離れて写っていた場合は「Mark area for retaining」をチェックし、2人をそれぞれ線で囲みます。その後「Resize Dimensions」に800*600などサイズを入力し、リサイズを実行しましょう。背景はリサイズされ、2人の距離が近づいた写真が生成されます。逆に、削除したいエリアを指定して風景写真で人物を塗りつぶすことで、その人物がいなかったかのような写真を作成することもできます。

対応するファイル形式は、BMP/JPEG/PNGの画像です。 エリアの指定が上手くできていないと、きれいに消去やリサイズができるとは限りません。思ったように調整出来るようになるまでには、何度か試行錯誤して慣れる必要があるでしょう。 Seam Craving GUIは海外製のソフトウェアのため画面やメニューが英語表記ですが、項目が少ないので操作に問題はないでしょう。

Seam Carving GUIは、任意の箇所だけリサイズ(縮小・拡大)、削除できる画像加工ソフトです。

Seam Carving GUIは以下の形式に対応しています

BMP、JPEG、PNG
Seam Carving GUI

ダウンロード

Seam Carving GUI 1.11